PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四国一人旅 高知編(三日目)

さて、三日目(3月15日)は高知へ参ります。
というのも前日に実は愛媛の道後やら松山に行こうとしたのですが、温泉街ということもあり、土曜日の夜に宿を見つけることは難しかったのです。春休みだしね。
というわけで当初は全く眼中になかった、高知へ。



黒潮エクスプレスに乗って、高松から高知へ。約2時間です。
高松-高知間は3,300円。学割で2,640円でした。ちなみに学割のチェックはされませんでした(;´Д`)

時間というコストを鑑みるとバスの方がお勧めですね。JRだと時間がすごく掛かったので諦めた気がします。

というわけで、栗林公園前から乗って、高知へ行きました。
バスに乗る前にさか枝と松下製麺所に行こうとしたんですけど、日曜日なので休みでした…
日曜でもやっているチェーンうどん店に入ってみましたが、丸亀正麺と同じか、それ以下ですかね…。
まぁ来るタイミングが悪かったので諦めるしか無い。

そして、10時過ぎに高知へ着きました。なぜ高知へ来たかと言えば、日曜市が開催されるためです。

道路の片側を完全に封鎖して行われていました。活気が凄いのね。
ただね、売ってるものが野菜や果物…生鮮食品が主で、あとは天ぷらとか刃物とか、つけものとかもありましたけど、ここで買い込んだら重い荷物になると思ってスルー。端から端まで1kmほどあるらしいですが、歩くだけで楽しいところでした。

そのまま近くのひろめ市場へ。
市場は市場ですが、端的に言うならば「居酒屋っぽいフードコート」でしょうかね。酒も煙草も自由、席も自由。何もかもが自由。食器などはその場に置いておけば勝手に回収してくれます。

結果的に言いましょう、マジで楽しいところです。高知で一番楽しめたところです。
しかしこの段階では、…一人ぼっちの私には少々厳しいところがありました。日曜市もあるせいで超絶混んでいていたのです。席ねぇ…
何も頼めないまま、ひろめ市場を後にする私…ああ…この時一人旅を多少後悔。

そしてまた徒歩で行ける高知城へ。
3.jpg

歴史には全く興味のない私ですが、400円を払うとてっぺんまで行けるのですが、そこからの景色は絶景でしたね。むしろ手すりが低くて高所恐怖症の人は怖い思いをするかもしれません。

さて、高知城も楽しんだ。ひろめ市場は(現時点では)楽しめない。どうしよ。
というわけで中央公園(ひろめ市場から徒歩5分ほど)で情報収集です。話しかけまくりました。

すると、「桂浜がいいんじゃね」という回答を皆様から頂きました。遣ることもないのでそのままバスで桂浜へ。
片道610円ほど掛かりましたね。所要時間は30分ほど。

何も期待せず行ったんですが、最高でした。
海です。海。海!!!

桂浜 一人旅
桂浜 一人旅

すんげー釣りがしたくなってしまいました。笑
でも、四国を軽く廻った程度では貸竿のサービスをやっているところはありませんでしたね。地元の人に聞いてみたら、ぽつぽつ釣っている人はいるそうです。

桂浜から高知へ帰るとき、明らかに女子大生二人組が居たんですが、勇気がなくて話しかけられず。w
旅してる最中に女の子と仲良くなるの夢だったんですけど…まぁいいか。w

再び高知へ。
ひろめ市場を名残惜しそうに見る。ウッ…全然混んでる。
実は桂浜へ行った時に、定食屋のオバチャンや娘と思われる美女に色々話を聞いたんですが、若い人なら夜行くべき!!とかいってたんですけど、確かに若い人多いけど一人ぼっちは無理やねん…

むなしくホテルへ。
今夜こそ、一人居酒屋をしよう。
そう思って、ホテルと併設している「うふふ」という居酒屋へ行ってみた。21時L.O、22時閉店。ここなら…。
ドキドキ…がらっ。

おっ…空いてるな。

女性従業員「おひとりさまですか?」
おれ「あっはい…一人です。大丈夫ですか」
女性従業員「はい。カウンターへどうぞ~♪」

きちゃった。ひとりで居酒屋。
店内は老夫婦が1組、それと家族が1組、そして俺。ちっちゃい女の子が飽きたのか、そしてなぜ一人で酒を飲もうとしているのか不思議そうな顔でコチラを見てくる。僕が顔を向けるとタッタッタと走っていっちゃいました。カワイイ。

とりあえずビールを頼む。
一人だと暇なのでじっくりメニューを眺めます。
一日中高知を歩きまわった私です、オススメはカツオの叩き、それも塩とわかっております。
でも明日(月曜)ひろめ一番で塩タタキ食べるんだから!と心に決めていた私は、揚げタタキを注文。

うふふ 高知 揚げカツオ

これがね、くっそ美味くて感動しちゃったんです。
その前にグラスビールで感動してたけどもww
酒が染みわたると全てどうでも良くなって、恥じらいはなくなった。

で、話は揚げタタキに戻りますけど、これがすごく肉厚なの。うまいの。
そういえば、昼間に食べたカツオのタタキ定食ににんにくがついていたんですよ。食べ終わってから気づいたんですけどね。
というわけで うふふ の店員さんに聞いてみる!!

「あのー、にんにくはどうやって…?」
「ああ、高知ではお薬味として添えて食べますよ。塩を付ける場合はにんにく添えない人多いですけどね!」
「へぇ~みょうがとか色々添えて食べるんですね。…そういえばさっき柚子のことなんて言いました?」
「あ、ゆのす です。」
「ポン酢のことなんていいました?ww」
「ちりず、です。w」

色々教えてくれてありがとうお姉さん!!
ここで地酒を頼む。枡に入ったお酒も初めてで、思わずググってしまいました。w
ちなみに事前情報で豆腐と卵焼きが旨いという情報を得ていたのでそれも注文。


ギャアアアアアアアアアアア
UMEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE


一人居酒屋…快適じゃね?wwwwwww
ちょっとお話する相手がいないのが寂しいけど、酒と飯で舌鼓を打って、いい感じに酔って。最高でした。

お会計、酒2杯、料理3品で3000円。普通ですよ普通。くぅううううう

レジで会計の際に、個人的に好きな食べ物を聞いてみる。
「あのー高知の好きな食べ物ってなんですかー?」
「え?私の?おナス!!おナスのタタキ!!あとはやっぱり塩タタキかしらね~。」
その後、高知のオススメを色々聞いてみる。もうホント15分ぐらい俺についてくれた。
楽しかった。キャバクラいってみたくなった。
色々パンフ貰って、翌日は再び高知へリベンジ。ひろめ市場を。
関連記事

| 旅行記 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dqnhouse.blog40.fc2.com/tb.php/374-db4a5914

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。