PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レベルEを思わず衝動買い

ふと本屋に入ったら、レベルEの上下巻。
レベルE(上) (集英社文庫―コミック版)
レベルE

(こんな感じで置かれていた)

アニメにハマったことも手伝って、衝動買いしてしまいました。


コミックス版は全3巻らしいですが、
コミック文庫ということで、1冊のボリュームがコミックスよりあるため、2冊で完結。
上下巻セットで表紙が王子の顔になるという作り込みが気に入ってしまった。
文字は結構小さいので苦手な人はコミックスのほうがいいかもね。

カラーページもついてます。
さらに、上巻のあとがきはなんと、冨樫先生のもの!(しかも、あとがきの日付が平成22年7月)
ちょww
レベルEのあとがき書いてる暇があったらだな…ry

冨樫先生のあとがきを一部抜粋。
最初の連載からこの頃(カラーレンジャー編)までは、作品と自分の生活がほぼイコールで同調していたので、読むと古い日記を読み返す様なむずがゆい感じになる。
でも他の作品に比べて居心地はそんな悪くない。
比較的好き勝手に描けたからだと思う。
比較的、だが。あくまで。そりゃいろいろあったけど。

読んで納得。物凄い自由に描いてるなぁ~というのは、ひしひしと伝わってます。
でもハンターハンターとか幽☆遊☆白書は居心地悪いのかな…なんて邪推したり。
本当、冨樫義博という方はゲームが好きなんだなぁ~なんて思ったり。

富樫作品大好き(といっても、幽☆遊☆白書とHUNTERXHUNTERしか知らなかったのだが)なくせにレベルEは未読でした。というか知りませんでした(・_・;)

Wiki見たらビックリ、
幽☆遊☆白書→レベルE→HUNTERXHUNTERという順で連載してたのですねぇ~。

さて、レベルE。
宇宙人を題材としたオカルトコメディ作品です。
短編集、というと語弊がありますが、エピソードは1話~数話と短く、それを積み重ねて構成されたのが本書です。

頭脳は天才的なのに、人を困らせることが大好きなドグラ星のバカ王子が主人公です。
バカ王子
王子は天才的な頭脳の持ち主ですが、性格にかなり問題がありまして…
その素晴らしい能力を「民衆の支持を下げず、いかに苦しめるか」というような意地悪にばかり浪費するのです。(by コリン隊員)

王子だけあって護衛団がいるわけですが、王子にいつも手を焼かされているクラフト隊長をはじめ、地球人最初のおちょくりターゲットとなった、チンピラっぽい野球部員筒井雪隆、王子に誘拐されカラーレンジャーとしてリアルRPGをやらされる小学生たちがいたりとてもユニーク。

クラフト
「あいつの場合に限って常に最悪のケースを想定しろ。奴は必ずその少し斜め上を行く!!」

筒井雪隆
「う~~ん殺したい 約1年ぶりの殺意だ」

サド
「あの御二人から何故このような悪魔が生まれてこなければならなかったのか!?
それを思うと それはもう残念でならないっ」

カラーレンジャー清水&百地
「オレ…こんなに頭に来たの生まれて初めてだ」
「力を合わせて奴を殺そう」


レベルEのアニメ全13話を視聴してから、原作を購入するに至った訳ですが、
アニメを全部観終えたのにも関わらず抱腹絶倒。大爆笑。
作中に出てくる大半のキャラが王子に殺意を抱く程、
狡猾さが目立つイタズラを王子は披露してくれます。

また、読んでいて所々にハンターハンターの面影が出てきています。
カラーレンジャー達がリアルRPGをプレイするのなんて、ハンターハンターでいうグリードアイランド編に似てる。
ていうか清水がもうゴンさんの原型ですよw
清水 レベルE

カラーレンジャーと人魚のお話、
原作だと仲直りのシーンが端折られてましたが、アニメだとそういうところをうまく再現できてて、原作より( ;∀;) イイハナシダナー状態になってましたね。

その他、読者が頭を使わないと理解が難しいところや、「やっぱ富樫は天才だな」と思うようなお話がたくさんあります。ていうか、発想が自由すぎる。やはり非凡な存在。甲子園球場の話は一種の推理モノのような話になってる、だけど作品のスタンスは成立してるし。

なんといっても、
クラフト隊長、大好きです(´ε` )
王子の護衛隊長という肩書きですが、上述のとおりしょっちゅうブチギレておりますw
なんとなくこち亀の大原部長っぽい切れ方ww
Photo 4月 09, 3 57 32
「コリン!!サド!!今すぐ戻れ!!パトロール!?関係ない!!
これから王子討伐だ!!出来ない!?じゃあお前敵か!?俺の敵だな?違うならすぐ来い」


「考えるんだクラフト!!千載一遇のチャンスなんだ!! 
王子を封印したまま筒井くん達だけを現実に戻す方法を…」

クラフト隊長
悪人になれないクラフト隊長であった。


原作を読んで知ったことですが、
バカ王子という名前は本名でした。(フルネームはバカ=キ=エル・ドグラ)
てっきり中傷の意味で呼んでいた名前だと思っていたんですがね。いや、きっとそうだったはずなんですが、富樫先生が適当に名前つけたんじゃないかな?w と勝手に思ってます。

ちなみに、バカ王子のモデルはhydeです。(断言)
冨樫先生はラルク好きだと公言しているし。
<参考>L'Arc~en~Ciel 「Blurry Eyes」 PV
ハンターハンターのクロロも、モデルはhydeだと言われています。(恐らく花葬の頃)
▼クロロ▼花葬時のhyde
クロロhyde 花葬

ラルヲタからすると富樫先生の好感度ますますアップだぜ!
でも仕事してください( ゚ω゚ )

レベルEは、幽☆遊☆白書、ハンターハンターが好きな方なら、間違いなく好きになれる作品じゃないかな、と僕は思います。はまるよ。


レベルE 文庫全2巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)レベルE 文庫全2巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)

集英社 2010-11-01
売り上げランキング : 107850

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

| 読後感想 | 03:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dqnhouse.blog40.fc2.com/tb.php/281-edd1e420

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。