| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モテキをアニメ化しないのは何故なんだぜ?

今更ながらモテキを読み始めました。

バイト先の後輩が、tukkiさんには是非読んでもらいたい…
とやたら推してきてまして。
なんなら僕貸しますよ~!なんて言われたのだが、
1巻だけチラ見して結局全巻買いました(^_^;)

なんつーか表紙の藤本幸世君…みたいです。
モテキ (1) (イブニングKC)

29歳の藤本幸世は、金もなくて女性経験もほとんどない、仕事も夢もない…
要するに、彼はモテません。
しかし、タイトル通り、主人公の幸世くんには突如としてモテ期がやってくる…というお話。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 読後感想 | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レベルEを思わず衝動買い

ふと本屋に入ったら、レベルEの上下巻。
レベルE(上) (集英社文庫―コミック版)
レベルE

(こんな感じで置かれていた)

アニメにハマったことも手伝って、衝動買いしてしまいました。

≫ Read More

| 読後感想 | 03:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お茶にごす。 読破

お茶にごす。 という西森博之作品をまたひとつ読了しました。

この漫画は、元々1,2巻だけは買ってあったのですが、
なにしろ1巻発売時は3年前、
大学受験真っ最中だったので、そこまで読んでいて完全に忘れておりました。

で、今回漫画整理をしていてお茶にごす。を見つけ、
いい機会だということで全部一気に購入。全11巻でした。

良作なのに短すぎることに些かの不安を覚えつつも、再び読み進めました。


僕は
「今日から俺は!!」
「天使な小生意気」

と全巻持っておりまして、お茶にごすで3作目だったわけですが、

やっぱり西森作品は面白すぎる。最高でした。

お茶にごす。
一言でいえば、
「優しい人になりたい男の物語」っていった感じでしょうか。
全部読んで改めて考えてみると、
主人公の船橋雅矢「デビルまークン」の成長が描かれています。

今日俺では、主人公の三橋・伊藤が
今日からいきなりツッパル!!ってことで始まった不良漫画でしたが

今回は真逆、
顔が怖すぎるため、ワルに絡まれまくる、実力も悪魔なまークンが、高校入学と同時に暴力の連鎖を断ち切りたい、優しい人になりたい。
ロハスな生活を送るんだ、とのことで親友ヤーマダや、茶道部メンバーらと高校生活を送る作品。

今まで周りの人に恐れられまくっていたまークンだけど
茶道部部長、姉崎奈緒美だけは恐れずにまークンを勧誘した。

初めて人の優しさに触れたまークン…

俺も部長のような優しい人間になってやる!!

という感じでしょうか。


まあ、暴力の負の連鎖からは簡単に絶ち切れないので、
様々なワルが絡んでくるんですがw
まークンも部長のおかげで日々人間的に成長していく…という。

改めて主要人物のキャラ説明を。

まず主人公、船橋雅矢。
彼は生来優しい人間なのだが、
正義感が強く、喧嘩で負けたことがない程の無敵の強さを誇る。そして顔が怖い。故に復讐が復讐を呼び、暴力の負の連鎖から抜けられぬ可哀相な人間。強さと見た目から、悪魔(デビル)まークンと呼び名がつけられ恐れられている。
蜘蛛が大の苦手。
美しく優しい部長に徐々に惚れて行く。
まークン

そしてヒロイン、姉崎部長。
部長が可愛いのなんの。
可愛くてヤバイんですって。w
結婚してください。お願いします。ってレベル。
優しさの精・開高(物語の高校)の良心とまでいわれているぐらい、優しくて穏やかな人。
人を疑うより信じる人。
姉崎部長


そして同じ1年である、浅川夏帆。この子の狂犬っぷりが面白すぎる。
曲がったことが大嫌い、相手が誰であろうと文句をいっちゃう。お茶にごのなかで大変重要な役回りを持つ。
当初はまークンを茶道部から追い出そうと必死になるが、彼の本質を見抜いた後は良き友達となる。
夏帆


夏帆のブチギレまとめ
ブチギレ夏帆



そして親友、ヤーマダ。(山田航)
今日俺の伊藤のように、今回の主人公マーくんの良き理解者・相棒なわけですが
外見がとてもチャラい上、とっても軽い奴。
そして強い。短気。電子レンジと呼ばれている男。(すぐ熱くなる)
だが、本当に彼は良い人過ぎる。最高。俺は1番好きです。
ヤーマダ


今日俺は結構前に読んだ作品で、記憶が薄れつつあるので今度読み返そうと思ってますが、
今回のお茶にごす。はそこまでバトルな漫画ではありません。

部長が暴力大嫌いですからw
それでも、他人が危ない目にあったりするとデビルっぷりを発揮するまークンなんだけど。
暴力は他人のためにしか使わない。
これは今日俺の三橋とは違うところですね。まあ三橋も他人のために怒ることは普通にあるんですけど。


物語初期では、まークンにとって、
人に頭を下げる とか 謝るとか
絶対できない行為だったわけですが、
部長のすんばらしい人柄によりそれも徐々に改善されていくw

とってもナイスガイ、しまいにゃー人助けを進んで行うようになり、
ヤーマダに慈善事業といわれていたほど。


まあごちゃごちゃ書いてしまいましたが
ほんと、楽しい・面白い作品です。
作品全体に筋が通っていて読み易く、爆笑マチガイなし。
サブキャラも立て方がすばらしい。

個人的には肝試し編がツボだったかな、と。

そして最終巻では見事、うまーく終わっていて最高です。
僕は泣きました。とても深かった。ヤーマダ…(´;ω;`)ブワッ


お茶でもまったり飲みながら、ゆるーく楽しんで欲しい作品。

つーか西森博之作品にハズレなしってのがすごいね。
道士郎でござるは読んだことがないから、今度読んでみたいと思います。


ああしかし
姉崎部長みたいな人と付き合ってみたい。

結婚したいです…(´・ω・`)



適当にメインキャラが表紙の本を紹介してみました。
Amazonのレビュー評価も非常に高い点数ですねー。買って損はしないはずなので、是非読んでみて欲しいですね。
それでは(・v・)ノ

| 読後感想 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。